腰椎分離症

 スポーツをする子供の腰痛に多く見られるのが脊椎分離症です。
ボディコンタクトのあるスポーツや跳躍・捻転を伴う競技などで、腰に大きな負荷がかかり、生じてしまった疲労骨折が原因とされています。
 脊椎分離症は、腰椎(背骨の腰の部分)に生じることが多く、腰椎の前部分の錐体と、後部分の椎弓の連結が疲労骨折することで分離した状態をいいます。

 札幌こども腰椎札幌こども腰椎5番
 骨格が未熟な成長期に、腰の屈伸や捻る動作を繰り返す激しいスポーツでストレスがかかり起こる疲労骨折です。
 好発部位は第5腰椎で、腰の痛みを感じないまま成人になることもあり、脊椎分離症が原因で慢性腰痛や腰椎すべり症となり、腰痛の症状が現れることもあります。


 脊椎分離症になるリスクは、運動をしない子供の場合は3%で、運動をする子供の場合は小・中学生で約3倍、高校生になると5倍にもなります。

 更に詳しくはこちらのGEN気倶楽部腰痛サイトをご覧ください。

 

札幌こどもスポーツ障害