外脛骨

 外脛骨とは、内踝の下にある足の舟状骨の内側に存在する過剰骨です。

 札幌子供足の痛み1

 15〜20%の人に認められ、多くは骨の出っ張りが見られるだけですが、痛みを伴うような病態は「有痛性外脛骨」といいます。
 有痛性外脛骨は若年性のスポーツ障害として多く見られます。

 安静時には痛みを感じませんが、歩行時に痛みが増強します。
多くは捻挫を契機として足部内側に疼痛が出現しますが、稀に原因不明で痛みを生じることがあります。

札幌子供足の痛み2

 足部内側に疼痛を伴う骨性の隆起が現れ、偏平足を伴うことがほとんどです。

 一般的に保存療法が多く、足底版を用いられることもあります。

 

札幌こどもスポーツ障害