靭帯損傷

 靭帯は関節部で骨と骨を繋ぐ重要な役割を担い、運動を行う上で重要な器官です。

 子供の靭帯損傷1

 靭帯は、たんぱく質が主成分の筋肉とは違い、軟骨などと同じコラーゲンを主成分としています。成分が違うので収縮率も大きく異なり、靭帯はほぼ伸び縮みはなく、逆に一度伸びてしまうと縮みにくいことから、障害を受けてしまった場合、完治が難しくクセになってしまうことが多いのです。

 靭帯損傷は、使用頻度の多い肘と膝にある側副靭帯や膝の十字靭帯で頻発します。膝に起こる代表的な靭帯損傷の十字靭帯断裂は、バスケットボールやバレーボールのようにジャンプと急な方向転換を多用するスポーツに多く見られます。

 また、捻挫による足首の靭帯損傷も多く見られる症例です。

 肘に起こる側副靭帯損傷は、野球のピッチャーで多く若年層では練習方法などに注意が必要になります。

 関節部には痛みを感じる神経がないため、自身で状況を察することは困難で、損傷してはじめて負担がかかっていたことに気づく場合があります。

 軽度であると自覚症状がないため、違和感や運動能力の低下などが起こっていても、気づかず放置していることも少なくないようです。

 靭帯損傷は、運動能力に大きな損失を与えるため、より一層の注意が必要で、不安がある場合は自身で判断するのではなく、定期的な検査をおすすめします。

 靭帯の再生には身体全身の潤滑な循環が大きく影響を与えるので、動かすことの出来る部位は必ずストレッチなどで循環を促すことが重要になります。

 

札幌こどもスポーツ障害