骨折

 骨折は、外傷の中でも完治に時間がかかるスポーツ障害です。

札幌こどもの骨折

 スポーツ障害の中でも重傷の部類であり、日常生活にまで影響を与え、完治後も季節や天候によって痛みを引き起こすことがあります。

 骨折は一般的に大きく二つに分けられ、内部で折れた「単純骨折」と、骨が筋肉と皮膚を突き破って外部に露出する「複雑骨折」に分けられます。

 上記以外には、複数の折れ線が入った「粉砕骨折」、脱臼を伴った「脱臼骨折」、アキレス腱などの強力な組織が付着しているところでは骨が剥がれるようになる「剥離骨折」などがあります。

 

 スポーツ障害として頻発するのが「疲労骨折」です。

 例え骨が金属並みの強度を持っていたとしても、長期に渡って同じ圧力が加わると内部から歪みが生じ、骨折にまで至ってしまいます。これは気付かないうちに進行していることが多いのが特徴です。

 疲労骨折の場合は、ボディコンタクトのあるスポーツよりも、マラソンなどの練習時間が長い競技に起こりやすいようです。

 骨折の予防には、適切や休養と食生活で骨を強化していくことが基本となります。

 カルシウムが骨の代名詞ですが、それだけの摂取では不十分で、太陽光を浴びることで生成されるビタミンDも必要です。

 ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進し、骨の成長させる働きがあります。これは、魚介類やまいたけ、マッシュルームに多く含まれます。

 骨折になってしまった場合は病院で適切な治療を受け、焦らずにリハビリをしていくことが大切です。

 

札幌こどもスポーツ障害