オスグッド・シュラッター氏病

 オスグッド・シュラッター氏病とは、膝にあるお皿の1〜2cm下に痛みを生じるスポーツ障害で、その場所の骨が隆起してくるのが特徴的です。
札幌こどもオスグッド

 オスグッドを起こしている人の多くは、太ももの筋肉が硬くなっているため、うつ伏せになって膝を曲げていくと、病側のお尻が持ち上がってくる事が多いです。
 様々なスポーツでジャンプや屈伸を行うことにより、大きな衝撃が膝(脛骨)付近に生じ、脛骨粗面付近に炎症が起こります。脛骨粗面に存在する骨端核に機械的牽引力がかかることに起因するとされています。

札幌こども膝
 10~15歳の活発な成長期の男子に多く発生し、運動時に症状が強く現れます。
 膝の伸展運動の反復により、大腿四頭筋から膝蓋骨、膝蓋靭帯、膝蓋腱、脛骨粗面へと牽引力が働き、膝蓋骨遠位端や膝蓋靭帯、脛骨粗面が弱点となり疼痛が起きます。

札幌こどもオスグッドの原理
 発症しやすいスポーツはサッカー、バスケットボール、野球、バレーボール、陸上競技と言われていますが、クラブ活動を行なっていな活発的な子供でも発症頻度は高くなります。
 発症してしまった場合は、一般的に保存療法が指示され、キックやジャンプなど多くの動作を禁止され、ほぼスポーツは中止しなければなりませんから、補助的に骨格や筋肉を弛緩させる民間医療も効果的です。
 症状が進行していくと水が溜まるようになり、そこが化膿すると激痛となるので、早期治療が必要です。

 

札幌こどもスポーツ障害