離断性骨軟骨障害

 離断性骨軟骨障害とは、関節軟骨の一部がある拍子に欠けてしまう障害です。

 発生時には痛みを感じないことが多く、欠けた軟骨が関節内を動くことで違和感を訴え、初めて気付くことも少なくないようです。
好発部位は膝関節や肘関節が多く、股関節や足関節にも見られます。

札幌子供の肘の痛み1

 野球選手では関節内を細かく動き回る様子から「関節ねずみ」と呼ばれています。

 いずれも過度な練習を繰り返すことで、関節面が傷つき発生してしまいます。

 子供の場合は、軟骨もまだ柔らかいため、少しの外傷がこの障害の引き金になりかねません。

 10代の男性に好発し、特に跳躍を伴う競技の選手で膝関節に多く生じる障害です。

 膝に生じた場合、膝の屈伸時に一定の角度を超えて伸展できないロッキング症状を呈します。

 

札幌こどもスポーツ障害