足のつり・こむら返り

 プールや海で泳いでいるときに足がつってしまい、溺れかけた方も少なくないのではないでしょうか。

 足がつるのはスポーツをしていると日常茶飯事という方もいると思います。

札幌足のつり1札幌足つり2

 スポーツ以外にも就寝時に急に足がつることもあります。

 「つる」のは筋肉の痙攣が原因となって起こります。痙攣は、発汗や下痢などによる脱水とミネラル不足、神経の異常反射などが原因とされています。また、極度の疲労によって筋肉が異常収縮を起こし痙攣となることもあります。

 疲れた筋肉は、通常はゆるむものですが、過度の刺激を受けると強く収縮し、足がつる原因となります。

 また、筋肉の冷えによる血行不良も筋肉を収縮させることから、足がつる原因として考えられていますが、いずれも病的なものではありません。

 多量の発汗や下痢などによる脱水状態などで電解質(カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラル)のバランスが崩れることによるもので、神経や筋肉が興奮しやすくなって足がつる原因になります。降圧剤やホルモン剤などの薬剤が原因となる場合もあります。

 こむら返りとは、ふくらはぎ周辺の筋肉がつることを言い、足がつるというのは下肢全体を指し、こむら返りはその一例ということになります。

 足がつるのは筋肉が極度の疲労などで、緊急状態に置かれることで発症度を増すため、疲労回復を早めることが重要です。そのためには下肢の血行を促進することが最善の予防策であるといえます。

 汗をかきやすい人は特に、スポーツ時に限らず普段から水分を適度に補給することを忘れないでください。

 運動前後のストレッチやマッサージを行うことが大事です。足湯などで下肢遠位部(足先の方)を温めることも血行の改善に大きな効果があります。血行の改善以外には、マグネシウムやカルシウム・塩分などの不足に注意し、ミネラルバランスも大事です。運動前にクエン酸を摂取るのもオススメです。

 ミネラル分が不足しないように野菜や果物、海藻、牛乳などをしっかりとりたいものです。

 また、足がつりやすい人では、ビタミンB1やタウリン(アミノ酸の一種)の不足が指摘されます。ビタミンB1は豚肉、豆類、牛乳、卵などに、また、タウリンは、イカやタコをはじめとした魚、貝類に豊富です。

 注意が必要なのは、脊柱管狭窄症椎間板ヘルニアなどの症状の一つとしておこったり、脳梗塞や脳腫瘍、糖尿病などの内分泌疾患などがあって足がつることもあることです。

 症状が頻繁におこる場合には、整形外科や神経内科または糖尿病に詳しい内科などで原因を調べてもらうとよいでしょう。

 

札幌こどもスポーツ障害