野球肩

 野球肩は、その名の通り野球をする人に多く見られる肩の障害で、主に投球動作時に痛みを生じるものです。

札幌こども野球肩には必須
 投球動作は運動の中でも肩にかかる負担が非常に大きい動作であるため、十分な予備運動を行わず投球動作をすると一度で痛めてしまうこともあります。
 多くの場合は、投球動作の繰り返しによって、徐々に進行してしまうので、弱い痛みだとしても十分な管理が必要で、痛みだけでなく関節の可動性も管理することで大きな予防策となります。
札幌こども野球肩

 痛みの生じる場所は、肩関節の前面や後面など様々です。
 痛みを放置したままトレーニングを続けていると、肩関節が不安定になり脱臼してしまったり、骨端が剥がれてしまったりして、重症に移行してしまう恐れもあります。

 

札幌こどもスポーツ障害